独学における、正しいお金の使い方② ~裏ワザ編~

「費用は安く抑えたい。でも、通学のメリットもほしい」
そんな欲張りな、独学受験生のために、ここでは、資格の学校をタダで利用する方法をいくつかご紹介します。

裏ワザその①:受験指導校のパンフレットを使い倒す
「独学を開始する前に」のページでも述べたとおり、独学で合格するためには、まずは行政書士試験がどんな試験であるのかを知ることが大切です。その意味で、受験指導校の行政書士講座のパンフレットは、「敵」を知るための情報の宝庫。試験の特徴はもとより、過去の合格率の推移や、昨年の試験問題例が掲載されていることだって珍しくありません。また、「合格者の声」は、受験勉強の参考になるとともに、あなたの合格へのモチベーションをきっと高めてくれることでしょう。地方に住んでいて、近くに受験指導校がない場合でも、資料請求をすれば、たいていの学校は無料で送付してくれますので、ぜひ活用してみてください。

裏ワザその②:無料セミナーを使い倒す
行政書士講座が本格始動する2、3ヶ月も前になると、受験指導校では、受講生を集めるための無料のセミナーが数多く開催されます。そのラインナップは、行政書士試験の概要を解説するガイダンス的なものから、現役の実務家を招いて、行政書士の実情や将来性について語ってもらうといったものまで、実にバラエティ豊か。なかでも、独学により合格を目指す受験生にとって有益なのが、学習方法に関するセミナーです。受験指導のプロである学校が、これまでに蓄積したノウハウに基づき話すものですから、これからあなたが学習プランを立てる上で参考になる部分もきっと多いはずです。もちろん、「受講生を集める」ことが目的ですので、自校の講座への誘導的な要素もあると思います。そこは、差し引いて聴くようにしてください。

裏ワザその③:体験受講を使い倒す
受験指導校の中には、「お試し」という形で、実際の講義を1回無料で受講させてくれるところもあります。1回きりの受講ですから、知識の面で得られることは、あまり多くはないかもしれません。しかし、その臨場感や、多くのライバルたちの存在を間近で感じることで、精神面でのプラスはきっと大きいはずです。たとえ通学は検討していなくとも、むしろ独学組の受験生こそ、受験指導校の体験受講を有効に活用したいものです。


>>独学の弱点をすべて補う学習サポートなら<<